条件分岐させる


テンプレートによって読み込ませたい部分、
読み込ませたくない部分などを設定するのに便利な条件分岐タグ。
index.php(トップページ)、single.php(記事詳細)、
page.php(ページ詳細)、category.php(カテゴリページ)…
などなどの各テンプレート毎、または特定の記事・ページ・カテゴリ毎に条件分岐させることが可能です。
下記にていくつか例を記載します。

<?php if(is_home()): ?>
<h1 id="title">メインページのみ表示</h1>
<?php elseif ( is_single() ) : ?>
<p>投稿ページのみ表示</p>
<?php else: ?>
<p>その他のページで表示</p>
<?php endif; ?>

投稿ページのみ表示

<?php if(is_category('3')): ?>
カテゴリのIDが3の場合に表示する。
<?php elseif(in_category( array( 1,2,4,5,6 ) )): ?>
<p>カテゴリのIDが1,2,4,5,6の場合に表示する。</p>
<?php else: ?>
<p>それ以外の場合に表示する。</p>
<?php endif; ?>

カテゴリのIDが1,2,4,5,6の場合に表示する。

<?php if(is_home() || is_single()): ?>
メインページ、投稿ページの場合に表示する。
<?php elseif(is_category() || is_page()): ?>
<p>カテゴリページ、ページの場合に表示する。</p>
<?php else: ?>
<p>それ以外の場合に表示する。</p>
<?php endif; ?>

メインページ、投稿ページの場合に表示する。

このように条件によって細かく分けることができます。
更に詳しくは公式サイトにてご確認を。

条件分岐(WordPress Codex 日本語版)

タグ:

記事公開日:
最終更新日:

コメントを残す

*上記画像の英数字を入力してください。