カスタムフィールドを使いやすく「Custom Field Template」


Word Pressの機能としてカスタムフィールドがありますが、
デフォルトの状態では、個人的に少し使いずらく感じます。
そこで便利なのがこちらのプラグイン。

Custom Field Template

カスタムフィールドに設定したい項目などを、ひな型として作ることができます。
チェックボックスやラジオボックス、画像投稿もすることもできます。
テンプレートは複数設定することができ、特定のカテゴリ・投稿だけ違うひな型を使う、
ということもできます。

作者の
WordPressで企業ウェブサイト作成・商用ホームページ制作 WordPress Go Goさん
にて使い方が紹介されています。

Custom Field Template plugin

※なおカスタムフィールドの値はWord Pressのテンプレートタグにて出力します。

<?php the_meta(); ?>

一番簡単なのが上記タグ。
Word Pressのループ内にて記述します。
ただ細かい調節ができないので、カスタマイズには向きません。

<?php echo post_custom('好きな食べ物'); ?>

値だけを出したい場合は上記記述で。
カスタムフィールドに入れた「名前」を()内に指定します。

カレー

<?php
$custom = get_post_custom();
$value = $custom['好きな果物'];
$values = implode(',',$value);
echo $values;
?>

値が複数ある場合は配列として主力する必要があります。
さまざま方法があるかと思いますが、
上記ではPHPのimplode関数を利用して表示しました。

りんご,メロン

なおカスタムフィールドの出力については、
小粋空間さんにて分かりやすくまとめられています。

WordPressでカスタムフィールドを出力する方法のまとめ

タグ: ,

記事公開日:
最終更新日:

コメントを残す

*上記画像の英数字を入力してください。