WordPress をインストールする


WordPressを使用するには、利用するサーバーがPHP・MySQLに対応している必要があります。
サーバーによっては対応していないこともあるので、Word Pressを使用するには事前に確認が必要です。
公式サイトより必要なファイルをダウンロードします。

ダウンロード後ファイルを解凍し、wp-config-sample.phpというファイルを、
wp-config.phpに名前を変えます。
そしてこのwp-config.phpを編集していきます。
※wp-config.phpは自動で生成することもできますが、ここでは手動で作成する場合についてご紹介します。

注意点ですが、Word pressのファイルはWindows標準のメモ帳などで編集すると文字化けしてしまいます。
utf-8を扱えるテキストエディタを使用する必要があります。
utf-8を扱えるテキストエディタとしては下記のようなものがあります。

そしてwp-config.phpを編集します。
※なお事前にデータベースを作成しておく必要があるので、
各サーバーのマニュアル通りデータベースを作成しておきます。
作成したデータベースの情報をそれぞれ以下の部分に入れていきます。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

それから、「それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。」
とあるのでhttps://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.orgにアクセスし、
表示された文字列に上書きします。

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

/**#@-*/

編集し終えたらWord Pressのフォルダごとアップロードします。
サーバーによってはフォルダ・バーミッションが指定されている場合があるので、指示に従いアップロードします。
アップロード後、Word Pressを設置したフォルダにアクセスします。

(例 http://sample.com/wordpress/)

表示された内容に従い進めていくと、インストールが完了となります。

記事公開日:
最終更新日:

コメントを残す

*上記画像の英数字を入力してください。